teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:805/1083 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

古い書籍

 投稿者:ピンチ  投稿日:2006年 5月29日(月)11時05分29秒
  通報
  bop-gunさん毎度です。
さてとうとうマーバ・ホイットニーのツアーが始まりますね。もう寝れないのではないですか?
各地会場を廻ると聞いています。大阪会場では皆お会い出来るのを楽しみにしていますよ。
体調だけは管理して下さいです。

>JBzさん
はじめまして。こちらの掲示板はよく覗かせてもらってます。
古い本の話題に触れられていたので私からも。最近、同じ匂いのする音楽が好きな友達とファンク以外の音楽の話を古い本等も交えて会合をする機会を作っているのですが、やはり古い書籍の場合当時の熱が現在には『?』な事が多いのは事実ですね。それも込みで、古い情報を楽しんでいます。
ジャズしかり、変な言い方したらロックなど、ヒドいもんです。『音楽じゃない』とかいわれていた音源が今では『音響系元祖』なんて評価を得て、再発が売れたり。
黒人音楽もマイナーな囚われ方をしていたので評論家の人達も『何故分らないんだ』『俺は分る』等色々な感情の中で執筆していたと思えば、『エエ大人が人前でなにいうてんねん』位の読み方で笑えますよね。
実際見にくい表現もありますが、今ブラウンの70年代後半もしっかり評価され、聞かれている事からも先陣が無視しなかっただけでも良かったと思います。

繰り返しになりますが当時の其の手の昔の文章、廻りでは最近結構ツボですね。見つけたら皆で
『つうかおめえがアジアの黄色やんけー。なにほざいとんねん!そないなら向こう行ってこいや!アルバートコリンズに殺られてこい~!』
って感じで友達とは大笑いしながら音読会とかして楽しんでます。
長くなって申し訳ないです。稚拙な我論でしたが楽しめたでしょうか?

http://www.funkateerz.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:805/1083 《前のページ | 次のページ》
/1083