teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:484/1083 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

P-FUNKあれこれ

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2007年 6月17日(日)22時47分45秒
  通報 編集済
  10枚組は確かにかなりきついですよね!90年頃のP-FUNKの異常な数の
再発CD化も凄かったですが。その後もファンカの未発表ライヴだの
未発表音源だのと、60年代後半の御大のアルバムの様な凄まじい勢いで
出てましたねえ。

個人的には「Chocolate City」がP-VINEからLPで発売されて、それを
通販で購入したのが出会いでした。大手のレコ屋から購入したのに
ダンボールに硬い荷造り紐がジャケに食い込みまくり、角も思い切り
潰れていて泣きたくなるような梱包でした…。今でもこれほど悲惨な
梱包にはお目にかかったとはないです。
そんな悲惨な思い出はありますが、タイトル曲のクールなノリと意味深い
歌詞と、その後のファンクとしか言いようのない「Ride On」など、やはり
最初に聴いたので一番印象に残っています。ブラウンと違ってコーラスが
沢山居るなあとか(笑)、高校生だからそんな単純なノリでした。

そして、89年のあの忘れらない初来日の怒涛の3時間ライヴ!正面入口から
クラウンで入場したクリントン、浴衣を羽織って歌う姿(笑)、オムツ姿の
ゲイリー・シャイダーを最前列で観られたのが未だに最高の思い出です!
やっぱり「Earth Tour」がやはり凄いですかね。内ジャケの衣装も強烈ですが
観客のノリも凄いし、この頃の映像もある一線を越えている感じです。

P-FUNK関係ではブーツイの76年のライヴ映像もDVD化お願いしたいですね。メイシオ
フレッドのソロが素晴らしいので。
http://www.youtube.com/watch?v=7MFcj81s1Ho
 
 
》記事一覧表示

新着順:484/1083 《前のページ | 次のページ》
/1083