teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:334/1083 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

バラカン氏の事件から

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2007年12月 9日(日)16時30分27秒
  通報
  昨日ネットで知って以前送られてきた氏のアドレスにお見舞いのメールを
出しました。
以下はそのお返事。

皆さん、お見舞いのご連絡ありがとうございます。実に沢山のメールを
いただいてびっくりしています。とても嬉しいことですが、返信するの
は大変なので、皆さんに同じ文章を送ることでお許しください。

昨日、12月8日、トーク・ショウを行いました。テーマは
平和に関する歌を紹介して、それについて解説するといったもので、
ちょうどジョン・レノンの命日にも重なる日程だったので、その日に公
開のドキュメンタリー映画「Peace Bed アメリカ Vs ジョン・レノン」の
話も少ししようと決めていました。
午後2時開演の予定だったので1時に会場に到着しました。

事件の報道で分かりづらい部分があるのでちょっと説明します。今回の
トーク・ショウの主催者はクエーカーで、そのクエーカーたちの集会に
使われる「会堂」で行われました。因みに辞書に載っているクエーカー
の定義をここに添付します。

(〔ふるえる人の意〕キリスト教プロテスタントの一派。人は神からの
啓示を直接に受け得ると説く。一七世紀の中頃、当時のキリスト教の儀
式化・神学化に反対したフォックス(G. Fox 1624-1691)によっ
てイギリスに起こり、ペン(W. Penn 1644-1718)によってアメリカで
盛んとなった。絶対平和主義で、反戦運動・平和運動で知られる。
フレンド会。基督友会(キリストゆうかい)。)

場所は奥まったところで、たまたま通りがかることはありえないので、
問題の男はぼくが入っていくことを確認した上で襲ってきたとしか思え
ません。

とにかく、本番前に関係者と一緒に昼食をとろうというところでした。
建物の玄関脇にあるガラス張りのサン・ルームにいましたが、外からき
た人のことを指して「どうしてあんなカッコするかな」と誰かが言いま
した。どんなカッコ?と口に出来ないうちに目出し帽を半分かぶった感
じの男がサン・ルームに入ってきて、すぐにスプレイをまき始めました。

目と口に入ったそのスプレイのひどい匂いと刺激に対して本能的に身を
守ろうと立ち上がって外に逃げ出しました。最初は追っかけてきた男は
そのうちいなくなったのですが、正直言って彼のことはかまっていられ
ない状態でした。眼を開けられないほど痛かったのですが、しばらくす
ると涙の力でその痛みは和らぎました。しかし、今度は顔全体が極度に
ひりひりし始め、冷たい水をしばらく流してもあまり効き目がないので
おさまるのを待つしかないと思って諦めました。

スプレイの中身は特定されていませんが、おそらく護身用に販売されて
いるトウガラシではないかと思われます。

トーク・ショウは1時間遅れぐらいで予定通り実施し、ひりひり
した感覚以外の後遺症とりあえずありません。

例の男が乗っていた車のナンバーをスタッフの一人が書きとめたので、
警察はその車を見付けることが出来ました。レンタカーで、催涙スプレ
イが中にありましたが、乗っていた男は自分が何も知らないと言い張
り、その人だったかどうかという確固たる証拠が見つからない限りこの
まま終わってしまうかも知れません。

とにかく、皆さんにご心配をいただいて本当にありがとうございます。

ピーター・バラカン

ジョンの事件の日に合わせた事件としか思えません。ジョンはバンド時代の
キリストより有名、発言以降アメリカを敵にまわしてしまったといえるでしょう。
暗殺の真実は未だに謎ですが、宗教も絡んでいるように思えてなりません。

私の敬愛するニック・ロウのデビューアルバムもUKでは「Jesus of Cool」の
タイトルでしたが、アメリカではこの洒落(クールの極めつけ)がまずいという
ことで「Pure Pop for Now People」に変更されました。
つまりJesusを洒落に使用する感覚が理解出来ない人が存在するという証拠です。

シカゴのベテランコーラスグループであるデルズが初来日した際の発言。
クリスマスソングは歌わないのですかの問いに、「スラムで育つとサンタ
なんか居ないのは分かるのも早いしあんなもの居ないとわかっているから
クリスマス・ソングは一度も歌ってないよ」とのこと。
またプロモート会社の社長がジャケに黒人がツラを出すなんてとんでもない
ことだという強い!考えを持っていて、ずっと出せなかった。というブラウン
にも似た経験も語っていました。

スラムで育ったブラウンがクリスマスソングを歌ったのは、お金とスターは
必ず出すからだと思いますがね。
クリスマスソングでライノのCDでパート1しか入っていない「IT'S CHRISTMAS TIME」
のシングルを聴いてみました。ブラウンとBud Hobgoodの共作になっていますが、この
Bud Hobgoodなる名前が自伝には見当たらないですね。「GET IT TOGETHER」「 THERE
WAS A TIME」、最近のCDではシングルの表記と変わって「LET YOURSELF GO」にも
名前が。これはブラウンのペンネームなんでしょうね?印税の絡みなんですか?
THE POETSの「DEVIL'S DEN」もスター・タイムではTed Wrightになってます。
この辺はキングとブラウンの側との軋轢の結果なんでしょうか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:334/1083 《前のページ | 次のページ》
/1083