teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:201/1083 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

紙ジャケ再発乱発

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2008年 9月28日(日)21時30分37秒
  通報
  JBzさん、ご無沙汰です。

私もハンク・バラードは未購入です…。ヤフオクでブルース&ソウル・レコーズ誌の
バックナンバーの未購入分が5冊位出て思わぬ出費してしまいました。そのお陰で残り
1冊で現在発売の号まで全て揃います!(^^)!残り1冊も安く購入したいもんです。

ゼップ、また出ますね(笑)。ジミー・ペイジが北京オリンピックの閉会式に出て驚き
ましたが、あれは再結成してツアーするということなんでしょうか?まあ、見たいとは
思いませんが…。アルバムは最後のアルバムと映画のサントラを兼ねたライヴ盤以外は
一応持っていますから嫌いではないです。
ボウイは殆ど興味がありません。彼が「ロウ」というアルバムを出した際にニック・ロウが
「ボウイ」というEPを出した(笑)ということくらいですかね。しかし、このEPのプロモ
12インチは超レアなんです!ああ、ニックの話は幾らでも書けます(笑)。
因みに彼と一緒にやっていた連中が結成したバンド「ルーモア」。その頃バカ売れして
いたフリーウッドマックのアルバム「ルーモアズ」に引っ掛けて「MAX」というLPを出し
裏ジャケの車のプレートに「フリートウッド」と記してある(笑)。彼等は売れないけど
洒落は一流ですから(??)

紙ジャケ連発は達郎さん曰く「紙ジャケは売り切り受注生産ですからそれなりに商売に
なるから」だとのメーカーの事情があるようです。しかし、音質はアナログマスター
ですから劣化するので良くなるとは限らないとのこと。かえって80年代に最初にCD化
されたCDからリマスターした方が良い音質になる場合もあるそうです。

結局はオリジナルのシングルの状態の良い物がブラウンに限らず、60年代の場合一番だと
いうことのようです。

ブラウンの過小評価は、本当の絶頂期である60年代後半にブラックミュージックを評価
する環境が我が国に育っていなかったからだと思います。もし、絶頂期が70年代後半
だったらかなり違っていたと思います。アースの評価の高さは曲の良さやディスコの
ブームなどもありますが、やはり時代性もあると思います。まあ70年代後半にブラウンの
音楽が合うとは思いませんが、あくまでも仮定の話ですから。

http://1925-1933.cocolog-nifty.com/blog/

 
 
》記事一覧表示

新着順:201/1083 《前のページ | 次のページ》
/1083