teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


紙ジャケ再発乱発

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2008年 9月28日(日)21時30分37秒
  JBzさん、ご無沙汰です。

私もハンク・バラードは未購入です…。ヤフオクでブルース&ソウル・レコーズ誌の
バックナンバーの未購入分が5冊位出て思わぬ出費してしまいました。そのお陰で残り
1冊で現在発売の号まで全て揃います!(^^)!残り1冊も安く購入したいもんです。

ゼップ、また出ますね(笑)。ジミー・ペイジが北京オリンピックの閉会式に出て驚き
ましたが、あれは再結成してツアーするということなんでしょうか?まあ、見たいとは
思いませんが…。アルバムは最後のアルバムと映画のサントラを兼ねたライヴ盤以外は
一応持っていますから嫌いではないです。
ボウイは殆ど興味がありません。彼が「ロウ」というアルバムを出した際にニック・ロウが
「ボウイ」というEPを出した(笑)ということくらいですかね。しかし、このEPのプロモ
12インチは超レアなんです!ああ、ニックの話は幾らでも書けます(笑)。
因みに彼と一緒にやっていた連中が結成したバンド「ルーモア」。その頃バカ売れして
いたフリーウッドマックのアルバム「ルーモアズ」に引っ掛けて「MAX」というLPを出し
裏ジャケの車のプレートに「フリートウッド」と記してある(笑)。彼等は売れないけど
洒落は一流ですから(??)

紙ジャケ連発は達郎さん曰く「紙ジャケは売り切り受注生産ですからそれなりに商売に
なるから」だとのメーカーの事情があるようです。しかし、音質はアナログマスター
ですから劣化するので良くなるとは限らないとのこと。かえって80年代に最初にCD化
されたCDからリマスターした方が良い音質になる場合もあるそうです。

結局はオリジナルのシングルの状態の良い物がブラウンに限らず、60年代の場合一番だと
いうことのようです。

ブラウンの過小評価は、本当の絶頂期である60年代後半にブラックミュージックを評価
する環境が我が国に育っていなかったからだと思います。もし、絶頂期が70年代後半
だったらかなり違っていたと思います。アースの評価の高さは曲の良さやディスコの
ブームなどもありますが、やはり時代性もあると思います。まあ70年代後半にブラウンの
音楽が合うとは思いませんが、あくまでも仮定の話ですから。

http://1925-1933.cocolog-nifty.com/blog/

 
 

お久しぶりです。

 投稿者:JBzメール  投稿日:2008年 9月24日(水)23時02分3秒
  ども。ご無沙汰してました。最近イロイロ思わぬ出費が重なりまだ自分は「I GOT THE FEELING」DVD未購入です。他にもここ最近(どこまでが最近か、は微妙ですが)のリリースものまだ未購入があります(涙)やっぱワーキングプアにはファンキープレシデンツが必要ですなぁ。

レココレのハンクバラードのは自分も読みました。正直、JB関連のレビュー読むと???て思うものが多いのもしばしば。やっぱ師匠のが一番フムフムと唸らされます。

それにしても…またレッドツェッペリンは全アルバム再発とか??一体、彼等とボウイは何度全アルバムを再発したら気がすむのか??どちらも(特にボウイは)大好きなんですがここまでやられるとややウンザリです。

JBの全アルバムCD化もまだなのに…こちらは難しいですかねぇ。今や「え?こんなものまでCD化するの?」てのも珍しくないだけに気長に待ちますかねぇ。師匠、何か動きはないんでしょうか??
たしかにビートルズもボウイもストーンズもツェッペリンも偉大で勿論好きなんですがやはり(ここの皆さんもでしょうが)JBこそ自分にとっては唯一無比な存在ですからね~。

たしかにヘンテコなインストのアルバムあったり「SHO IS FUNKY DOWN HERE」みたいな超試行錯誤なのがあったり70年代後半にはかなりテンション低めな緩いアルバムあったり、とセールス考えると上記のアーティストと比べると厳しいものはあるでしょうがそーゆーとこも自分にとっては魅力なんですけどね。

けど音楽界における功績を考えたらまだまだ過少評価されてると思うんですがねぇ…
 

拝見しました

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2008年 9月24日(水)14時39分25秒
  涼しいので今のところ体調は良好です。梨・柿と秋の果物とおでんの具が店先に
並び始めてもう秋かあ、冬の灯油の値段が心配になってきました。

The James Brown Readerは確かにこれから出すであろう定本ブラウン本の前書き
みたいなもんだと思います。アラン・リーズなら身内だったのですから、内部から
見たブラウン本を出すと思います。

レコ・コレ後ろのページだけはチェックしてます。バラード、やっぱり佐藤さんに
書いてもらわないと。最近購入したのは、もう完全にネタ切れなのに続くビートルズ
特集の号は購入してしまいました。たまに聴くとやはり曲は良いし、やはり偉大な
存在なのは分かるのですが…。他にやる特集幾らでもあると思うんですが?
メタリカは私が高校生時代(88年頃)友人に一人メタルマニアがいて凄く絶賛して
ましたが、ストーンズやブルースを聴いていた私等数名は「あんなの聴く奴の気がしれ
ない」と散々貶していたものです。ところが、あっという間に凄く売れて正直かなり
驚きました!この後、しばらくポップ系や南部系のロックは聴いてましたが、それも
90年代半ばまで。その後はブラックが殆どです。まあ、BBとブラウンが中心ですが(笑)。

http://1925-1933.cocolog-nifty.com/blog/

 

仙台は、ようやく涼しくなってきました

 投稿者:bop-gunメール  投稿日:2008年 9月24日(水)01時18分0秒
  というわけで、最近の仙台、暑いまでは行きませんが、この時期としては暑い方でしたね。夏が暑くなかったので、丁度良いといえば良いのですが(^^;)。でも今日あたりから、ぐっと涼しくなってきて、寂しい限りです。

BBJBCDさん、どうも。The James Brown Readerは、とりあえずアラン・リーズが、なんか出そう、ということで出した、という本なのではないでしょうか。彼が出すならコンプリートな情報網羅して出すと思います。その前にブラウン本が出せればと思っておりますが(^^;)。

コネタですが、レコード・コレクターズ10月号に、UKソウルブラザーから再発されたハンク・バラードのアルバムのレヴューを書かせて頂きました。メタリカ特集号なので、立ち読みでもして頂ければ幸いです(^^;)。
 

The James Brown Reader

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2008年 9月13日(土)05時24分36秒
編集済
  さすがに涼しくなってきて体調も良くなってきました。
ブログにも書きましたが、またも浮世絵を見てきました。やっぱり北斎は
面白い人です。ろくろっ首みたいなお菊さん、あれ首が皿なんですね、図書館で
本を見て気付きました。やはり発想が凡人とは違います、天才はいつの時代も
居るんですね。ブログに書いた幽霊は現物が行方不明でモノクロの写真しか
ないらしいですね、発見されるのでしょうか?ブルースのSP盤探しみたいな物
ですね。今度は足利で写楽に歌麿、広重、北斎と正に地方では中々見られない物を
展示するらしいので行ってこようと思ってます。レコ屋さんもしばらく行ってない
けど健在かなあ?

肝心のブラウン、この内容では正直売れないでしょうねえ。大体何冊売れるか真剣に
考えますよね。これで詳細なディスコグラフィやメンバーの証言とか、正に定本・
ブラウン本なら1万出しても買いますが。ビートルズやストーンズなら出るんでしょうが。
ここはやはり、bop-gunさんや中田さん中心にMM社と定本を出していただきたいです。
それだけの偉人なのですから、値段は多少高くても限定5000部とかなら?

限定本のエルモア・ジェイムズ伝記がP社で出てました。友人が買ったので見せて
もらったら、凄く濃い内容で私も購入。とにかく細かい取材内容が圧巻です。
出すからには徹底的に調べましたと文章から熱気が伝わってきます。やはり本当に
好きな人が書かないとこの手の伝記本は駄目ですね。

http://1925-1933.cocolog-nifty.com/blog/

 

re:The James Brown Reader

 投稿者:bop-gunメール  投稿日:2008年 9月 9日(火)00時37分36秒
  というわけで、先週末はDJ3連チャンで体力使い果たしました(^^;)。
今日は一日リハビリしておりました。今月はまだまだ楽しいイヴェントが
盛り沢山です。

BBJBCDさん、どうも。The James Brown Readerですが、4月に出た時点で
購入しておりました。ここで紹介せずに申し訳ありません。Time Lineは
労作ですね。5月の大阪のジェームス・ブラウン展のパンフ製作時のバイオ
にも活用させて頂きました。ディスコグラフィは、恐らくアラン・リーズは
別に出版予定しているので、敢えてネタ出ししなかったのではないかと思い
ます。そこは、singlesシリーズの続編を待ちたいと思います。写真もちょっと
レアなのが収録されていて、確かに日本版を出す価値はあるかもしれませんね。
どれだけ売れるか?というところなのでしょうけど(^^;)。どこか企画して頂きたい
ものです。
 

労作

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2008年 9月 5日(金)13時16分13秒
  先程「The James Brown Reader」届きました。早速全部読破だったら
いいのですが(笑)これは確かに労作ですね。巻末のディスコグラフィは
こちらのサイトの勝ちです、全部のアルバムは載せていません、厳選した
物だけを掲載してます。
冒頭の「Time Line」でやっとマイケルとプリンスが共演したライヴが何時
だったか分かりました83年8月20日だったんですね、しかし、BBとの共演が
書いてないのは何故なんでしょうか??BBとの共演は意味が無いのか(T_T)
まあこれはミスと思いたいです。とにかくこれは労作なのは間違いないですし
日本版出版して欲しいもんです。

http://1925-1933.cocolog-nifty.com/blog/

 

The James Brown Reader

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2008年 9月 3日(水)15時33分38秒
  さっき「ブルース&ソウル・レコーズ」誌の最新号でこんな凄い本が出ているのを
知りました。4月に出ていたとは!bop-gunさんはこの本が出る情報をご存知でしたか?
とにかく早速注文。記事にも書いてあるけど日本版出してくれ、と書いてあるという
ことはP-VINEでは出す気がないのか?シンコーミュージック辺りならどうでしょう?
是非お願いしたいもんです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0452289467/sr=1-1/qid=1220422464/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me=&qid=1220422464&sr=1-1&seller=

http://1925-1933.cocolog-nifty.com/blog/

 

I Got the Feelin:3DVD到着

 投稿者:bop-gunメール  投稿日:2008年 8月25日(月)12時10分26秒
  というわけで、昨日仕事から帰ったら、ポストに到着しておりました。早速、流して観てみましたので、少し感想を。

DISC 1: THE NIGHT JAMES BROWN SAVED BOSTON

これは、68年4月5日がどのような状況だったか?ということを、当時の関係者(ケビン・ホワイト/ボストン市長、トム・アトキンス市議会議員、チャールズ・ボビット、フレッド・ウエズリー、ジャボ、マーヴァ等)の証言と、当時のニュース、映像を組み合わせたドキュメントです。文庫版自伝で言うと、「暴動」の章の部分ですね。もちろん字幕は付いてないので、ここを読みながら想像して観るといいかもしれません。ボストン以降、ヴェトナム、"say it loud..."のリリースなども出て来ます。衝撃ライヴ映像もちょっと入ってます(^^;)。ボーナストラックは、インタヴューの長いものと、このプログラムが放映されてからのパネルディスカッションの模様です。

DISC 2: LIVE AT THE BOSTON GARDEN

さて、本編でございます。BBJBCDさん仰るように、バード、マーヴァの部分はカットされておりますが、映像のクオリティは高いです。映像が無い部分は音声だけ出して、画像はWBGHの、日本で言うと、映像事故が有った時に出る「お待ち下さい」の絵が出ておりました(^^;)。ボーナストラックは、WBGHのHPで聞ける音源から"If I Ruled The World"が終わった後の、ブラウンの喋りが音声だけ収録です。どうせなら全音源を音声だけでも収録して欲しかったですね。

DISC 3: LIVE AT THE APOLLO '68

これは、"Man To Man"と題されたTV番組で、アポロでのライヴですね。これは元々の映像も良くないし、画面も色々加工されているので、クオリティは高くないですが、それなりに観れます。そして、ボーナストラック!まず"Out Of Sight"(T.A.M.I. Show) 、これ、凄いクオリティ高いです。これだけきれいに観れるなら早くコンプリートDVD化希望ですね。そして、"I Got You (I Feel Good)"(Paris '66)"It's A Man's Man's Man's World"(Paris '67)も同様にハイクオリティでございます。このあたり、纏めてDVD化して欲しいですねえ。

いろいろご意見もあると思いますが、リリースされただけでも意義があると思います。できれば字幕付きで日本盤が出せれば、というところですね。お忙しいと思いますが、同じshoutというところで中田さんに頑張って頂ければと、勝手に期待します(^^;)。
 

さすがです

 投稿者:BBJBCD  投稿日:2008年 8月17日(日)03時34分52秒
編集済
  ブラウンDVD、モンスターゼロさんは入手されたそうです。隠れブログですね(笑)。
http://soulfreak.blog.so-net.ne.jp/
やはりファン暦が長い方には敵いません、下北沢でのブランドのデューク盤入手とか
マディのオリジナル盤とか、お江戸は違うなあとつくづく片田舎は損だなあと感じます…。
私はブランドのデューク盤はパルコのレコ市で入手した1枚だけです、MCAの再発かと
思ったらデュークの文字が!一緒にBBのABC時代のモノ盤にABC原盤2枚と出店したお店が
どこかは忘れましたが(笑)よくぞこんな所まで来てくれましたと驚きました。
物はSpotlighting The Man、デュークの最後のオリジナルアルバム、2曲目は「GEORGIA
ON MY MIND」これがまた上手いのですが、ここに傷があってノイズが入る…。しょうが
ないので再発のMCA盤を聴いてます…

ヘイズ、ブログにも書きましたが、やはりこの世代の方はブルースが原体験にあるから
取り上げるのでしょうね。まあ、出来はともかく。

solid smoke盤、聴いたら確かにオリジナルと違う。と同じ様に一般人にはどうでも
いいことに気づきました。モービルのCDだのステレオだのと何か微妙に違うと驚く
癖はやはり最初に揃えたのがビートルズのモノ盤シリーズだった人間の宿命なのかも?
あのグループは怖いです、世界一カルトなファンが居ますから(笑)。やれ別テイクだ
ミックス違いとか、完全に研究されてますから。深い深い沼ですね。

LP再発、やはり本国よりドイツかUK辺りがきちんとやらないといけない駄目ですかね?
ドイツのベアファミリーみたくルイ・ジョーダンの全デッカ録音集とか(笑)。
やはり我が国が誇るP-VINEさんにお願いして、O.Vライトみたいに徹底CD化してもらい
たいもんです。

http://1925-1933.cocolog-nifty.com/blog/

 

レンタル掲示板
/109