投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


山行計画

 投稿者:秋山  投稿日:2017年 6月29日(木)00時35分20秒
編集済
  6月28日集会での計画予定です。
★7月会山行計画
7/22-23  沢未定  藤田、岡、原、金子、野島、秋山、柳下、瀧濱、坂本、
長谷、山崎  、渡辺三、二宮、(23日のみ篠崎)
渡辺三さんより案頂く:福島県 阿武隈川水系 白水沢、南沢、一里滝沢はどうか?
パーティーを分けての遡行可能。テン場は南沢出合が可能か?
★夏合宿  参加可能日
藤田、岡 8/11~16
原    いつでもok
柳下、篠崎 11~15
長谷、桂野、(二宮)     11~14
秋山     11~ ?
野島      期間中で2泊3日のみ

★個人山行
7/1    奥多摩  六ツ石山  坂本、野島
7/2    奥多摩川苔谷逆川  渡辺三、岸川
7/1-2  笛吹川水系東沢 釜ノ沢  岡、山崎、金子
7/1-2  魚野川源流  二宮、秋山、野水、瀧濱、原
7/2  奥多摩 三頭山 桂野、ほか2
7/8  仙ノ倉谷 東ゼン  渡辺三、岡
7/8-9  北岳、農鳥岳  坂本、瀧濱、金子
7/8-9  小川山  斉藤、野水、秋山、長谷、原、二宮
7/8-9 小川山 桂野、柳下
7/9  丹沢 葛葉川本谷 岡、ほか1名
7/15-17  剱岳チンネ左稜線  坂本、瀧濱、山崎
7/15-16  甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳  柳下  ほか2名
7/16-17  白峰三山  岡  ほか1名
8/3-6  南アルプス赤石沢  渡辺三、秋山、岡
 

【山行報告】甲斐駒ヶ岳

 投稿者:金子  投稿日:2017年 6月28日(水)19時54分15秒
  2017/6/24(晴後曇)
山域  南アルプス  甲斐駒ヶ岳
メンバー  L金子、他1名

尾白駐車場4:45→笹平分岐6:15→刃渡り7:50→五合目8:45→七丈小屋9:30→山頂11:55
山頂12:30→七丈小屋14:00→笹平分岐16:40→尾白駐車場17:50

前日、24時前に尾白駐車場に到着。
仮眠をして4時に起床すると、駐車場はほぼ満車状態となっていた。
4時45分に駐車場出発。
駒ヶ岳神社で安全祈願をしてから、登山口へ。

笹平分岐までの道は単調だが、コアジサイなどの花々が咲いており、苔むした岩や新緑が綺麗だった。
刃渡りを過ぎ、5合目からは梯子と鎖の連続。
標高を稼ぐ。
七丈小屋を過ぎてから間もなく、雪道が出てくるが10歩ほどで踏み跡もしっかりあり、問題なし。
8合目を過ぎ、北沢峠からの分岐まで来ると、登山者が一気に増え、山頂は賑わっていた。
長めの休憩をとり、下山開始。
足の疲労が溜まってきているため、岩場鎖場は慎重に下った。
刃渡りをすぎた頃、登りの時には見られなかった鳳凰三山が雲から顔を出し、少し元気をもらいながらひたすら下る。17時50分に下山。
足は棒になり疲労困憊だったが、それを上回る達成感だった。

(記:金子)
 

集会欠席

 投稿者:サイトウ  投稿日:2017年 6月28日(水)18時08分58秒
編集済
  本日、仕事都合により集会を欠席させていただきます、すみません。

会報いただきました。
発行あたり関わった方々には言い尽くせない感謝でいっぱいになりました。
ありがとうございます。
 

集会欠席

 投稿者:  投稿日:2017年 6月28日(水)18時03分24秒
  用事があり集会を欠席します。すみません。  

集会欠席

 投稿者:山崎  投稿日:2017年 6月28日(水)17時05分30秒
  本日、所要のため集会を欠席します。
申し訳ありません。
 

集会欠席

 投稿者:長谷  投稿日:2017年 6月28日(水)09時55分22秒
  本日仕事のため集会欠席します。

会報が届いて、自分の名前が載ってることに少し感動しました。
ありがとうございます。
 

会報いただきました

 投稿者:鈴木(博)  投稿日:2017年 6月28日(水)08時32分17秒
  題名どおりです
No66 受取りました
お手数をおかけいたしました

最近 集会(山)も御無沙汰です
今日もいけそうもありません
 

集会欠席

 投稿者:野島  投稿日:2017年 6月27日(火)20時25分21秒
  明日は会社のイベントの為、集会欠席します。  

集会欠席

 投稿者:eku  投稿日:2017年 6月27日(火)19時16分56秒
  やっと3時間くらい起きていることができるようになりましたが、
まだまだ外歩きは30分くらいです。
集会欠席します。
HP更新は休み休みしながら作業しています。(*^。^*)
 

HP

 投稿者:瀧本  投稿日:2017年 6月26日(月)23時15分7秒
  ekuさん
HP更新ご苦労さまです。PC操作も結構疲れるのでは?
ところで、6月の山好では、釣り山行の報告が出てきますが、岩魚の釣果については写真などを出さない方が良いかと思います。これ以上沢山の山屋に押しかけて欲しくなければ野話ですが。。。
 

HPの更新

 投稿者:eku  投稿日:2017年 6月26日(月)18時02分16秒
  5月の個人山行、雲稜祭等をHPに追加しました。  

脱渓の件

 投稿者:坂本  投稿日:2017年 6月26日(月)11時22分15秒
  先日投稿した硫黄沢の山行報告に利用しておりましたので修正しておきました。
以後「遡行終了」に統一します。
 

脱渓について

 投稿者:eku  投稿日:2017年 6月26日(月)10時40分34秒
  脱渓について、私も始めて聞きましたが、瀧本さんの調べてくれたことなどで考えると、
雲稜会としては「遡行終了」という言い方にしたいと思いますがどうでしょうか?

原さんの原稿もそのように修正して、載せますので、よろしくお願いします。
 

集会欠席

 投稿者:瀧本  投稿日:2017年 6月25日(日)22時26分3秒
  28日は日山協の会議があるため、集会を欠席します。  

脱渓について

 投稿者:瀧本  投稿日:2017年 6月25日(日)22時24分22秒
編集済
  脱渓についてググってみました。
雲稜会では使わないようで、私も始めて見たのですが、検索するといくらでも出てきます。
但し、多くは釣り師の記録のようです。
最後まで沢を詰める山屋は使わないようですが、途中で沢から外れる釣り師は使う言葉のようです。

http://flyday.cocolog-nifty.com/flight/2016/04/20cm-691c.html

https://ameblo.jp/junsan31011/entry-12255275572.html

http://gogox5fan.blog71.fc2.com/

http://www.nepenthes.co.jp/directors_note/20170412/dn.html
 

「脱渓」ね~

 投稿者:小保方  投稿日:2017年 6月25日(日)22時00分32秒
  私も「脱渓」は初体験でした。最近のことば遣いかと思ったのですが……
これまで記録などに表れていたのは「そこで遡行を終了した」「遡行終了とした」というような言い方でしたね。
オジサンのことば感覚かもしれません。「脱腸」は昔からあるけど……
 

気になる言葉

 投稿者:渡辺(三)  投稿日:2017年 6月25日(日)20時28分24秒
  山行報告に脱渓というう言葉が、出てきました。入渓は、使いますが私は、初めての言葉で違和感を感じますが。入渓は使いますが出渓も使いません。間違った言い方だと思います。  

議事録をアップ

 投稿者:eku  投稿日:2017年 6月25日(日)16時13分6秒
  6月の議事録をHPにアップしました。  

50年ぶりの葛葉川

 投稿者:にのみや  投稿日:2017年 6月25日(日)12時54分43秒
  山登りを始めた頃、沢登りに行くと話しているのを小耳にはさみ新鮮な響きを感じた。さっそく一人で行ったのが葛葉川。菩提バス停から歩き入渓。その頃は渓流クツはまだ存在していなかった。登山靴で飛び石伝いにピョンピョン飛び跳ねながら滝に取りついた。水量は今よりかなり少なく沢も明るく滝も濡れていなかった記憶がある。その一年後くらいに入会したが丹沢の沢にはかなりかよった。沢登りと言えば奥多摩ではなくほとんど丹沢であった。  

【山行記録】葛葉川本谷

 投稿者:  投稿日:2017年 6月25日(日)09時04分49秒
編集済
  2017/6/24(曇)
山域 表丹沢 葛葉川本谷
メンバーL二宮、長谷、原
秦野駅8:10-8:40葛葉の泉9:00-11:50三ノ塔尾根12:00-12:20三ノ塔12:40-二ノ塔-14:00葛葉の泉

秦野駅で長谷車に乗車し葛葉の泉駐車場へ。駐車場は空いており、1パーティが入渓準備をしていた。9時に出発し、吊橋を渡り堰堤を超えたところで入渓した。沢は薄暗かったが水は冷たくなく、連続する滝に時折り水浴びしながら超えていった。富士形ノ滝で先行パーティが水流で苦戦していたが、水流右は楽に越すことができた。
全体的にホールド、スタンスが多くあり、巻くことなく登れる滝で楽しめました。
源頭部に進むと木に靴がぶら下がっており、そこで遡行を終了した。湿った泥壁を登り、植林地を進むと三ノ塔尾根に出ることができ、装備を片付ける。
三ノ塔で昼食を取ったあと、表尾根から二ノ塔尾根を下降し、葛葉の泉へ戻った。
表尾根からの景色は霞んでいましたが、快適な沢登りで気持ちは晴々でした。(記:原)
 

/300