投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今週末の予定

 投稿者:藤田  投稿日:2019年 2月15日(金)08時36分39秒
編集済
  2/16 企画委員会 13時~
2/17 岩予定 斉藤、篠崎
2/17 六ツ石山 二宮、榎田一
 

二宮さんへ

 投稿者:  投稿日:2019年 2月15日(金)08時04分23秒
  今度の日曜日17日は青梅マラソン開催のため、青梅街道に16時頃まで交通規制がかかるので、帰り道ご注意くださいm(_ _)m

http://www.ohme-marathon.jp/about/_pdf/traffic_regulation.pdf?v=2019

 

奥多摩足慣らし

 投稿者:二宮  投稿日:2019年 2月14日(木)23時15分7秒
  2月17日(日)奥多摩へ足慣らしで、六ツ石山へ行きます。メンバー募集です。
奥多摩駅着7:37~バスで水根~六ツ石山~石尾根経由奥多摩駅。
 

山行報告 阿弥陀岳北西稜

 投稿者:  投稿日:2019年 2月12日(火)23時07分52秒
編集済
  日程 2019/2/9~11
山域 八ヶ岳
メンバー L藤田、秋山、原
行程
1日目(曇時々雪)
美濃戸口10:00-14:00行者小屋
2日目(晴)
4:00起床-出発5:30-6:00摩利支天側取り付き-8:50尾根2600付近9:00-11:25 2ピッチ目(草付上)-13:00阿弥陀岳頂上13:20-14:20行者小屋
3日目(曇時々雪)
4:00起床-6:20出発-9:10美濃戸口

三連休に原が目標としていた阿弥陀岳北西稜と中山尾根登攀を計画した。
初日は北西稜取付きへの分岐を探しながら南沢を歩き、行者小屋で幕営した。
2日目の朝は4時に起床、暗いうちから南沢を下り、前日に確認した分岐から入っていったが、かなり東方向に戻るようになり時間をロスしてしまった。ワカンは必要無い程度の積雪だったのが不幸中の幸い。
標高2600m付近からロープを出し、リッジのトラバースを経て岩壁基部まで2ピッチで進んだ。岩壁基部は日陰のためか指がかじかんでしまい、思うようにカラビナを使えなかったりして苦労した。基部からは残置ハーケンやカムを使い支点をとり、藤田がトップで登っていった。
最終ピッチが核心部だが、出だしが良いホールドがなく難しいため藤田に長いスリングを支点にかけてもらいお助けに使った。終了点近くの凹角部には残置スリングやガバがあり、こちらはすんなりと越えることができた。終了点からリッジを詰め少し歩くと阿弥陀岳山頂に到着した。天候に恵まれて景色は最高でした。
3日目は起床すると弱い風雪とガスが立ち込めていた。日中も次第に悪くなる予報のため、中山尾根を中止した。下山しながらベストな分岐を探したので次回はそこから入りたいと思う。
反省点はアプローチやロープの選択、手指がかじかんだ状態での操作が遅いなど多々あるので、2人から今回教わったことを今後に活かしたいと思う。また、北西稜の岩登りは楽しかったので、次回はトップで登れるように経験を積んでいきたいです。なお、今回ビーコンを装着し、プローブ、スコップを担いで登攀したが重さは気にならず、今後も必要なルートには携帯するようにしたいです。(記  原)
 

山行報告

 投稿者:篠崎  投稿日:2019年 2月12日(火)14時26分27秒
編集済
  日程 2019年2月10日 晴
山域 城山
メンバー L斉藤、篠崎
05:15拝島ー8:45城山ー9:20エキスカーション11:50ー16:30撤収

城山のエキスカーションへ。
全ピッチ斉藤リードで3Pと4P、5Pと6Pを繋げ4ピッチで抜ける。60mシングルロープを使ったため、懸垂も同じく4ピッチでおりた。
順番待ちを覚悟していたが、幸いマルチピッチをしているのは私たちのパーティのみで貸切で景色を満喫しながら登攀することができた。

大休止を挟んだ後、右側のフリーを何本か楽しみながら終了とした。
 

下山報告

 投稿者:篠崎  投稿日:2019年 2月11日(月)15時28分12秒
  御岳 篠崎他2、事故怪我なく撤収しました。  

下山報告

 投稿者:  投稿日:2019年 2月11日(月)09時51分36秒
編集済
  八ヶ岳は、昨日阿弥陀岳北西稜を登り、今日は悪天候のため中山尾根を中止して下山しました。  

柏木下山

 投稿者:前田  投稿日:2019年 2月10日(日)17時36分0秒
  柏木さんから連絡があり。藤田さんと荻原さんと連絡が取れないとのこと。変わって前田が柏木さんの下山報告しています。よろしくお願いします。  

下山報告

 投稿者:篠崎  投稿日:2019年 2月10日(日)16時49分33秒
  城山 斉藤・篠崎、事故怪我なく下山しました。  

今週末の予定

 投稿者:藤田  投稿日:2019年 2月 6日(水)22時08分20秒
編集済
  (1)2/9-11 八ヶ岳 中山尾根、阿弥陀北西稜
                    藤田、秋山、原→下山
(2)2/10 丹沢 柏木→下山
(3)2/10 城山マルチ 斉藤、篠崎→下山
(4)2/11 篠崎 御岳ボルダー→下山
 

【写真】2月会山行 雪洞訓練 谷川岳 西黒尾根

 投稿者:瀧濱  投稿日:2019年 2月 6日(水)10時27分26秒
  雪洞で寝泊まりするのは初めて。
けして暖かくはないが、我慢できないほど寒いわけでもない。良い経験ができました。

https://photos.app.goo.gl/APKKa5EMGsQkEVYS8
 

会山行報告:谷川岳雪洞訓練

 投稿者:平井  投稿日:2019年 2月 6日(水)00時16分46秒
  日程:2019/2/2(土)-3(日)
山域:谷川岳 西黒尾根
メンバー:L野島、瀧濱、秋山、平井、篠崎、原、後藤、長谷
天候:2日曇、3日晴れ
行程:2/2(土) 1110谷川岳ロープウェイ土合口駅駐車場-1340雪洞設営-1620設営終了-2000就寝
2/3(日) 0500起床-0700雪上訓練-1130下山開始-1230谷川岳ロープウェイ駐車場

初日は強風が予想され、稜線上は地吹雪のおそれがあった為、当初の予定であった天神尾根には向かわず、西黒尾根にて雪洞訓練及び雪上訓練を行うこととした。トレースを辿り、ロープウェイ土合口駅より一時間程で雪洞候補地の一つであった鉄塔付近に到着したが、既に先行パーティが設営していた為、そこからさらに一時間程登った地点において雪洞を掘ることとした。設営は3時間ほどで終了し、幅およそ4メートル、奥行2メートル、高さ1メートルほどのものが完成した。
2日目は天候に恵まれ、比較的穏やかな一日となった。まずワカンでの歩行練習を行い、次に雪崩講習を行った。先日、日山協の雪崩レスキュー講習に参加した原さんが中心となり、知識を共有した上でビーコンやプローブの使い方などを確認し、実際に数回、遭難者救助の演習を行った。
その後、弱層テストの方法を教えていただいた後、ピークには向かわず、そのまま雪洞を後にし下山した。
(記:平井)
 

3月桃園会館

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 4日(月)20時28分31秒
  3月の桃園会館のハガキがきましたので掲示します。
2月の集会は6,13,20日、企画委員会が16日です。
3月27日は総会のため大会議室を予約してます。
 

会山行 谷川雪洞

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 3日(日)13時44分54秒
  集合写真です。  

下山報告

 投稿者:野島  投稿日:2019年 2月 3日(日)12時39分45秒
  会山行 全員事故怪我なく下山しました。  

今週末の予定

 投稿者:藤田  投稿日:2019年 1月30日(水)21時59分7秒
編集済
  2/2-3 会山行 雪洞訓練 谷川岳 天神尾根
L野島、瀧濱、秋山、平井、篠崎、原、後藤、長谷→下山
 

湯河原幕岩山行報告

 投稿者:斉藤  投稿日:2019年 1月29日(火)02時49分17秒
  日程 2019/1/27(晴)
山域 湯河原幕岩
メンバー L斉藤、秋山、平井、後藤

9:30湯河原幕岩16:00
桃源郷エリアで一日中フリークライミングを行った。
5.10台を中心に斉藤がリードクライミングを行い、秋山、平井、後藤はトップロープでのクライミングを行った。

(記 :斉藤)

湯河原幕岩・梅の宴開催
湯河原幕山公園は2/2~3/10まで梅の宴(梅まつり)が行われます。
その間、クライミング禁止にはなりませんが入場料が¥200かかります。
定期運行バス「湯河原駅~幕山公園」以外に「湯河原駅~直通~幕山公園」間までの臨時バスが運行されます。
始発は8:45、最終は16:45ですのでいつもより長くクライミングが出来ます。
 

下山連絡・那須

 投稿者:瀧本  投稿日:2019年 1月27日(日)21時18分0秒
  1/26-27 那須岳下山しました。
都岳連の山岳指導員養成講習会、受講者17名に対し講師4名で対応したのでちょっと大変でしたが何とかこなしました。両日共に風が強く、ロープウェイ駅近辺での雪訓となりました。
 

山行報告:日和田山

 投稿者:野島  投稿日:2019年 1月27日(日)18時28分0秒
編集済
  日和田山 ハイキング
2019年1月26日 晴
L野島、他1
9:00 武蔵横手駅 ~ 11:30 北向地蔵 12:40 ~ 13:40 日和田山 ~ 14:30 日和田山登山口
北向地蔵に向かう途中分かれ道がいろいろとあり、予定していたルートから外れて修正したりと少し時間がかかった。里山は道が色々とついていることがあるので注意が必要だと思った。日和田山から下山後は阿里山カフェでくつろぎ帰路についた。
 

湯河原幕岩 下山報告

 投稿者:サイトウ  投稿日:2019年 1月27日(日)16時10分56秒
  湯河原幕岩、事故怪我なく下山しました。  

/364